口臭対策やケアする方法を思いつくだけ考えました!

口臭対策の画像

口の臭い、どうにかしたいですよね?

グッズを使ったり身近なものを利用したり、色々とある口臭対策やケアする方法を思い付くだけまとめてみました!




対策するためには、まず原因を知る!

口臭対策の方法をまとめていきますが、その前に簡単に口臭の原因を説明しておきます。

コレを知らないと「何でそれが対策になるの?」となってしまうんで。

知ってる人は飛ばしてください!

口臭の原因は細菌の作り出すガス!

口臭の多くは口の中から発生しているんですが、それには口の中の細菌が関係しています。

細菌は食べかすなどのタンパク質を分解して活動していきます。

ところがその時に、分解されたものが腐敗して硫黄を含んだガスが一緒に作り出されます。

その臭いのきついガスが口臭となって口から出てくるんです。

口の中以外(例えば胃や腸など)からも、臭いの成分は発生しますが、それも細菌などによって作られたモノです。

(その場合には直接胃などから臭いが逆流してくる訳ではなく、血液を通って肺に達し、呼吸と一緒に外に出てきます)

それでは、そんな口臭に対しての対策をみていきます。

唾液による対策

唾液による対策と書きましたが、実は唾液は口臭対策にとってとても大切なんです!

口の中に唾液がたくさんあることで、細菌のエサとなる食べかすなどを洗い流し、また細菌を殺菌する酵素などが含まれているからです。

また口臭を作り出す細菌は酸素が苦手なんですが、新鮮なサラサラの唾液は口の中に酸素を行き届かせる働きもしています。

つまり、口臭をケアをするなら唾液をたくさん出すことです!

(寝てる間は唾液があまり出ないので、朝起きたときはあんなに息が臭いんです)

水を飲む

まず唾液があまり出ていない時というのは、体内の水分不足が考えられます。

唾液の材料はまさに水なので、口がネバネバしてきたのを感じたら、まずは水分を取ることを考えましょう。

その時に気を付けたいのは量と飲むもの。

量は一気にゴクゴク飲んでも、汗や尿に出ていくだけなので少量をこまめにとるようにしましょう。

また飲み物なら何でも良いという訳ではありません。

カフェインの含まれるものは利尿作用があって、体内の水分を排出してしまうので逆効果。個人的なおすすめは麦茶です。

飲みやすいしノンカフェインだし、唾液がよく出る気がします。
(コレは気のせいかもしれませんが…)

ガムを噛む

口臭の対策としてガムを噛んでいる人はいますが、多くの場合、香りで臭いをごまかそうとしている人がほとんどでしょう。

しかしガムの口の臭いへの効果というのは、実は唾液が分泌される事なんです。

ガムの味、そして噛むことによるアゴや舌の動きによって口の中が刺激され、大量に唾液が出てきます。

噛むのはすごく良いので、できるだけ固めのガムの方が効果があるといえるでしょう。

食事をする

食事をすると唾液が出てきます。

「何を当たり前の事を!」と思ったかもしれませんが、食事をしている時やその後というのは、すごく唾液が出ています。

なので、食後すぐは実は口臭が発生しにくい時間帯なんです。

じゃあ、口臭を発生させないために、ずーっと食べとけ、というコトでもありません。

食後は口臭が出にくい、つまり食事を抜くと口臭が発生しやすいんです。

とくに朝!

朝というのはそもそも口臭が最も強くなる時間帯。

そんな中でも食事をすることで、唾液が分泌されて治まっていく部分もあるんですが、朝食を抜くと臭いがそのまま、ということにも。

できるだけ朝食は食べましょう。

よく噛む

そして食事中に意識してほしいのが、よく噛むこと。

理想は一口30回といわれていますが、試しにやってみてください。

かなりダルいです。

特に最初はかなり疲れます。

でも唾液は確かに出てきます。

でもとても疲れます。

そんな場合には口に入れる一口の量を減らしましょう。

量を半分にしても、噛む回数はたぶん半分にはなりません。(たぶん)

そうやって一回の食事中の噛む回数を増やしながら、一口ずつの回数も増やしていくように意識しましょう。

ツボを押す

東洋の神秘、ツボには色んな効果を期待できるものがあるんですが、唾液を出すツボ、というのもあるそう。

「唾液 ツボ」などで検索すれば色々と出てきます。

が、それよりも「おっ!」と思うのが次の、マッサージ。

マッサージ

唾液は、口全体からジワーっと出てくるのではなく、唾液腺という唾液が分泌される場所があり、そこをマッサージすると唾液の分泌が促されます。

唾液腺などには、

  • 耳下腺(じかせん)
    耳の前あたり
     
  • 舌下腺(ぜっかせん)
    顎の下でちょうど舌に当たるぐらいの所
     
  • 顎下腺(がっかせん)
    顎とエラの間ぐらいのやわらかい所など

があり、できるだけ優しくマッサージするようにしましょう。
(喉とかの近くなので強くやってはダメ!)

舌の運動

たぶん1番唾液が出る方法がコレじゃないでしょうか。

舌を動かします。

それだけなんですが、かなり唾液が出てきます。

方法としては、

  • 口を閉じる
     ↓
  • 舌を歯と唇の間に入れる
     ↓
  • そのまま歯に沿って、口の中をグルグル回す

10周もすると唾液がたくさん出てくるかと。

実は頬と歯茎の間は食べかすがたくさん溜まる場所。

細菌のエサを洗い流す意味でも役に立ちます。

欠点はゴリラみたいな顔になるところ。

気を付けましょう!

口の体操

また舌だけでなく、口を動かすことでも唾液を出すことができます。

有名なトコでいうと、

  • あいうべ体操
  • パタカラ体操

など。

あいうべ体操

「あー・いー・うー・べー」と言いながら、口を大きく開けたり、突きだしたり、舌を出したりを繰り返します。

やってみると分かりますが、かなり唾液が出ます。

パタカラ体操

「パパパ・・・」、「タタタ・・・」、「カカカ・・・」、「ラララ・・・」と同じ音を繰り返したり、「パタカラ」を繰り返したり。

舌がすごく動いてるのが分かると思いますが、コレもなかなか唾液が出てきます。

イメージ(妄想)

そして、究極の何も使わない唾液を出す方法。

「私の小さい時の話なんですが、お腹が弱い子供だったので、親がおばあちゃんから聞いてきて生の青梅の果肉をすりおろし、絞った汁を真っ黒のドロドロになるまで煮詰めた梅肉エキスを作ってくれていました。

お腹が痛くなるたびに、つまようじでひと舐めするだけなんですが、すぐに良くなったのを覚えています。

ただ、つまようじでひと舐めだけだったんですが、その黒い梅のエキスを凝縮した、ドロドロの液体の酸っぱさといったら、尋常ではありませんでした。

いまだに、それ以上の酸っぱいモノを食べたことがありません。」

唾液出てきてませんか?

よかったらこの話あげます。

つまり

  • レモン
  • 梅干し
  • 都こんぶ

何でもいいんですが、想像して唾液を出す、ということです。

歯を磨くことで対策

口臭対策の基本はやっぱり歯磨きなんですが、ちゃんと磨けていない人というのは多いそうです。

また30歳以上の80%が歯周病に感染してるというデータも。

歯周病の対策はなんといっても細菌の塊(食べかすじゃないよ)である歯垢(プラーク)を取り除くこと。

そのためには、歯ブラシだけじゃなく次のアイテムも是非使ってください!

デンタルフロス

いわゆる糸ようじです。

持ち手がついたタイプと、本当に糸だけのものがあります。

糸だけの方が経済的ですが、柄がついてた方が使いやすいので好きな方を選びましょう。

フロスを使うことで歯垢の除去率が30%ほど上がります。

歯間ブラシ

歯と歯の間を通せるくらいの細ーいブラシ。

こちらも使うことで歯垢の除去率をあげられます。

私の場合は、歯周病で歯が抜けてブリッジをしているので、フロスが使えずこっちを使ってます。

タフトブラシ

そして威力を発揮するのがこのタフトブラシ。

L字型になった小さなブラシで、磨きにくい所にも届きやすくなってます。

中でも毛先が細くて長いタイプがあり、それだと歯周ポケットの奥の方も磨くことができます。

グッズの使用で対策

ほかにも口臭対策グッズとして色んなものがあります。

舌磨き

口臭の多くは口の中で作られるんですが、その中でも1番発生するのが多い場所が舌の表面。

舌に白っぽい汚れが付いてることありませんか?

それは舌苔(ぜったい)といい、

  • 食べかす
  • 細胞
  • 細菌

などが溜まったものなんです。

その舌の汚れを取り除くのが舌ブラシ。

ただし、舌を傷つける事もあるので優しく磨くようにしましょう。
「舌苔が口臭の原因?取り方はこうする!」

うがい薬

口臭を作り出す細菌は、舌の上だけでなく喉の奥の膿栓(白っぽい塊)や、痰、鼻水などに含まれて臭いを発生させる場合も。
「膿栓を予防するにはどうすればいい?」

そんな時には、殺菌成分の含まれたうがい薬が役に立つことも。

口臭サプリメント

最近特に増えたなぁ、と思うのがこの口臭サプリメント。

  • 歯周病菌への抗菌作用がある乳酸菌配合
  • 胃腸からの口臭を抑える消臭成分配合

なんてものから、胃腸の調子を整えて臭いが作られるのを抑えよう、というタイプまでいろいろ。

まずは自分の臭いの原因に合ったモノを選ぶのが最低条件です。

(歯周病で口臭があるのに、飲み込んで使うタイプなんて、全く効果がないので)

タブレット

よくコンビニや駅の売店で売ってる、フリスク、ミンティアなど。

ちょっとしたエチケットとして使っている人も多いと思いますが、ちょっとしたエチケットにしか効果は期待できないでしょう。

消臭や殺菌の成分が入ってる訳じゃないんで。

臭いのきつい食事のあとなどに香りでごまかす、といった使い方にしておきましょう。

根本的な対策にはなりません。

マウススプレー

口臭スプレーやブレススプレーとも呼ばれる、口の中にシュッとスプレーして対策するモノで、コンビニで売ってる数百円程度のものから、1本数千円するものも。

香りの成分が入ってるだけのモノでは、効果は見込めませんが、二酸化塩素や塩化亜鉛など殺菌成分が入っているものは効果が期待できます。

ただ口に含む量が少ないせいか、即効性は感じるモノもありますが、持続量が無い印象。

今から商談これからデートなんて時に使うグッズといえるかもしれません。

マウスウォッシュ

口臭対策のグッズとして、なかなか使えるなぁ、と思ってるのがこのマウスウォッシュ。

コレも殺菌成分が配合されていないものでは、口の中に香りがするだけでほとんど口臭対策への効果はありません。

ただしっかり殺菌成分が配合されているモノによっては、結構長い時間口臭を抑えてくれてるかも、と感じられるタイプもあります。

基本的にマウスウォッシュだけで使うのではなく、歯磨きの後、あるいはマウスウォッシュを使って歯磨き、というような使い方になります。

(クチュクチュしとけばOK!なんて事はありません)

個人的におすすめのマウスウォッシュを選んでみました!
「マウスウォッシュのおすすめ、個人的にはこの5つ!」


個人液に継続して使っているのはプロフレッシュというマウスウォッシュで、使い心地などはこちらに書いてます。

「プロフレッシュの効果についての個人的な意見です。」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする